注文住宅で木の家を 株式会社 春日工務店

TEL 0120-321-254
営業時間:8:00~17:30(日曜・祝日・第二土曜日)

ご依頼・お問合せ

自然素材

  1. トップページ
  2. 自然素材

健康で快適な住空間のためのこだわり

長く住み続けられる家であるためには、そこに暮らす人の健康を損ねないこと、安心して過ごせる快適な空間であることが大切です。
東京都練馬区や板橋区、埼玉県新座市や戸田市エリアで注文住宅を手掛ける春日工務店の、自然素材にこだわった家づくりを紹介します。

無垢材

伐採した樹木を切る・削るなどの加工を施しただけの木材を無垢材と呼び、細かく切り分けた木材を接着した集成材や合板などとは、性質を異にする良質な建築材料。
無垢材には調湿機能があり、室内の湿度を一定に保って住まいの大敵である結露を防いでくれるほか、カビやダニの発生も抑えるので、アトピー性皮膚炎に代表されるシックハウス症など、健康被害を最小限に抑える効果も期待できます。

また、接着剤を使わないので、ホルムアルデヒドなどの有害物質が室内に広がることもありません。
できるだけ多くのカ所にこの無垢材を用いるのが理想的ですが、リビングの床一面を無垢材にするだけでも、こうした効果はもちろん、木肌のぬくもりや触感の心地好さにより、より豊かな暮らしを送ることができるでしょう。

無垢材の特徴
調湿効果

天然無垢材は呼吸する素材。
従って室内にこもった湿気を吐き出し、常に快適な環境を整えてくれます。
部屋に湿気がこもらないので結露が生じにくく、カビやダニの発生を抑えるので健康的な居住空間を維持できます。

断熱効果

集成材や合板に比べ、天然無垢材の断熱性能は群を抜いています。
だから冬暖かく、夏涼しい理想的な室内環境をキープ。
当然、光熱費も低く抑えられるので家計にも優しいのが特徴です。
もちろん環境にも負荷をかけません。

触感的作用

無垢材を用いた床を裸足で歩いてみると、その触感のよさがわかります。
表面は極めてなめらかなのに滑るような感覚はなく、キュッキュと適度なストップがかかるので歩く際の安心感が違います。

視覚的作用

木肌のぬくもりや優しさは、見る人に潤いや癒しを与えてくれます。
これは、木目調のプリント合板などでは得られない効果。
パターン化された模様ではない、複雑な自然の木目だからこそ私たちはここに安らぎを感じるのかもしれません。

よく使用される無垢材

もっともポピュラーな建築材料のひとつ。
高温多湿の日本の気候にマッチして、優れた断熱性、調湿性で冬暖かく、夏涼やかな室内環境をキープしてくれるのが特徴。
歳月とともに外観・触感ともに味わいが増します。

檜(ヒノキ)

本格的な日本家屋で用いられることが多い高級な建築材料。
この木独特の芳香はフィトンチッドと呼ばれる森林浴成分で、快適で健康的な暮らしを約束してくれます。
耐水性・耐久性が高く、大黒柱などに用いられるほか、高級家具や浴槽の材料にも使われます。

カラマツ

一般的に針葉樹は軟質の材料として知られていますが、カラマツは例外的な存在で密度があり硬く、強度に富んでいます。
風通しのよい環境であれば、耐久性も期待できるのが特徴。
樹脂成分が多いので水を弾き、手入れも容易です。

オーク

硬質の広葉樹で、フローリングに用いられることが多い木材。
木目がくっきりとしているのでいかにも天然無垢材という印象を演出できます。
とくに柾目(まさめ)の板には虎斑と呼ばれる独特の美しい縞模様が浮き出ることがあり、珍重されます。
洋酒樽の材料としても知られます。

カバ

一般にバーチ材と呼ばれるカバはカバノキ科の広葉樹のこと。
寒冷地に育つため木目が控えめで色も薄いため、見た目のクセがなく和洋建築のどちらにもよく用いられます。
縮れ杢目と呼ばれる絶妙な模様が淡白ななかにも味わい深い表情を与えています。

ミモザ

春に鮮やかな黄色の花を付ける広葉樹のミモザは、その印象とは裏腹に大変硬く、丈夫な建築材料として知られます。
かつて西部開拓時代のアメリカでは馬車の車輪や車軸に用いられていたほど。
また乾燥しても収縮の度合いが小さい、衝撃などに強いといった特性もあります。

漆喰

日本では古来より消石灰に砂・海藻のり・すさを混合して水で練ったもので、壁や天井の仕上げに使用してきた塗壁材が漆喰です。
安全性・抗菌性をはじめ、さまざまな特徴をもつ建築材料として、今日改めてクローズアップされています。
このような日本の漆喰に加えて、西欧の漆喰なども住宅建築用に広く用いられるようになっています。

漆喰の特徴
安全性

自然素材である漆喰は、ホルムアルデヒドなどの有害な揮発性有機化合物化を含んでいないので、シックハウス症などの健康被害とも無縁。
アレルギー体質のお子さんがいるご家庭にはとくにおすすめします。

抗菌性・消臭性

消石灰を主成分とする漆喰は強アルカリ性で殺菌力があるので住まいを清潔にキープ。
また結露を防ぐ調湿性能との相乗効果でカビやダニなどの発生も抑えてくれます。
さらに消臭効果もあるので、ペットをお持ちのご家庭にもおすすめできます。

防火性・断熱性

漆喰の防火性能は、建築基準法で不燃材料に認定されていることからも折り紙付き。
しかも原料は消石灰なので、仮に火災が発生してもダイオキシンなどの有毒なガスを発生させず、延焼を防ぎます。
また多孔質構造で空気層を内部に持つので断熱性に富み、冬暖かく、夏涼しい室内に。

吸着性

強アルカリ性で多孔質の漆喰は、シックハウス症の主原因であるホルムアルデヒドなどの化学物質を吸着し、分解する働きをもっています。
家具などから放散される程度の微量なホルムアルデヒドなら簡単に無害化できます。

堅牢性

時間経過とともにゆっくりと乾燥硬化する特性をもつのが漆喰。
だから、新築時よりも10年、20年と経つうちにさらに耐久性が増し、壁はより堅牢になります。

環境性

漆喰の主原料は消石灰。
その消石灰も、元は大気中や海水中に含まれていた炭酸ガスです。
従って安全性や環境特性に優れた建築材料といえます。
もちろん廃棄処分の際にもダイオキシンやアスベストなどの有害物質を伴いません。

よく使用される漆喰
カルクウォール

スイス生まれの天然漆喰。
消石灰を原料としているので、接着剤を用いる壁紙とは異なり安全で健康的です。
しかも石灰のもつ強いアルカリ性がカビの発生を抑え、しかも部屋にこもったイヤな臭いも根本から分解・吸収してくれます。

エスタコウォール

カルクウォール同様に消石灰を主原料とする天然漆喰で、こちらは中世ヨーロッパから建築材料として広く使われてきました。
もちろん一切の化学物質を含まない100%無機材料なので人体や環境への安全性も高いが特徴。

自然塗料

揮発性有機化合物など人体に有害な成分を一切含まない、理想の塗料。
天然木との相性もよく、木の組織に沿って浸透する性質があるために、材料のもつ調湿作用をスポイルしないのが特徴です。
また水を弾くので防汚性にも富んでいます。

よく使用される自然塗料
リボス

浸透性の着色オイルは木材の呼吸を妨げないので、調湿効果が損なわれないのが特徴。
またオーガニック栽培で育てた亜麻仁油を原料としているので、安全性も抜群。
さらに着色成分も植物由来で、有害な化学物質を一切含みません。

オスモカラー

ヒマワリ・大豆・アザミなどから絞った植物油と、植物ワックス成分を主原料とした自然塗料。
ホルムアルデヒドなど有毒な化学物質を一切含まないために、建築基準法が定める規制を受けることなく自由に使うことができます。

カールズオイル25

無垢のフローリングを摩耗やキズから守り、木の風合いや美しさを際立たせる高濃度硬化パインオイル。
施工性やメインテナンス性に優れ、しかも乾燥速度を上げるためのドライヤーにコバルトを不使用とするなどアレルギー対策も万全です。

ページトップ

お問合せ

TEL 0120-321-254
営業時間:8:00~17:30(日曜・祝日・第二土曜日)

ご依頼・お問合せ

Copyright © 株式会社 春日工務店.All Rights reserved.